健康サポート活動

すずらん薬局では、「健康・福祉の情報ステーション」として、疾病予防や健康増進を図る取り組み、またサロン活動など通じて、地域住民の方々にとって「地域に根ざした薬局」・「地域に開かれた薬局」となることを目指しています。

コミュニティ活動

すずらん薬局舟入店では、地域のためのコミュニティルームを2012年1月に開設し、体組成測定会や料理教室、転倒予防教室などを通じてセルフメディケーション支援のお手伝いをしています。また、手芸教室やコーラス、いきいきサロンの会場として地域のコミュニティ活動を応援しています。さらに、地域包括支援センターや町内会、いきいきサロンへ出張してお薬や栄養についての講演活動も積極的に行なっております。

離乳食教室 第3回『食物アレルギーについて』

日時:2019年10月7日(月)13:30~15:00

場所:ほーむけあクリニック 2階Jaroカフェ

参加者:8名

 

◆内容◆

食物アレルギーについては初めての講義で

ほーむけあクリニックの医師 横林ひとみ先生(皮膚科医)と

一緒に行いました。

 

まず、横林医師よりなぜアレルギーが発生するのか

またその原因や予防、治療方法について話ていただきました。

アトピー性皮膚炎があることで空中からのアレルゲンの浮遊物質が

皮膚から入り込みやすく、そこから食物アレルギーを発症することが

分かってきたそうです。

アレルギー皮膚炎を予防するために産まれた時からのスキンケア(保湿)

を大切にしましょうというお話がありました。

 

栄養士からは食物アレルギーと診断された時の食事の摂り方

(代替品や調理方法)などについて話をしました。

実際にアレルギーを持つお子様もいらっしゃり

直接話を聞くことができて良かったと言われていました。

 

日頃抱いている何気ない疑問を聞くことができて

気持ちが楽になり安心したと言っていただきました。

次回の開催を心待ちにしてくださっている方もおられます。

今後も教室を通して様々な年代の方のサポートをしていけたらと思います。

 

 

 コミュニティ活動のその他の記事はこちら

健康教室

すずらん薬局グループ店舗内、さらには出張先にて疾病予防や病態進行予防のための健康教室を開催しています。2015年から、糖尿病予防のミニ健康教室なども実施しており、薬剤師や栄養士への健康相談も気軽にできる場になっています。

ミニ健康教室 第1回『味覚について~味覚障害ってなあに?~』

日時:2019年10月10日(木) 10:30~11:30

場所:すずらん薬局舟入店 1階コミュニティルーム

参加者:7名

 

◆内容◆

テーマ「味覚」で新しいミニ健康教室が始まりました。

 

・舌は5つの味を感じることができる

・年齢とともに味覚を感じる機能が低くなっていく

・味覚を感じにくくなると味付けを濃くしないと食事が

美味しくないと感じてしまう。濃くすることで高血圧などの

生活習慣病になりやすくなる可能性が高くなる

味覚は口だけでなく、全身の機能とも繋がっていることを伝えました。

味覚が感じにくくなる原因として、亜鉛不足や口の渇きなど

食事や日頃の生活習慣に気をつけることで予防や症状を

軽減できることを伝えると、

「亜鉛はどんな食事に多く含まれているの?」

「水分をしっかり摂るようにしないといけない」と

日常生活でできることを見つけておられるようでした。

 

また、唾液が出にくくなることも味覚障害に関係あることから

唾液腺を刺激するマッサージを行いました。

実際に味覚について悩みをお持ちの方がおられ

悩みに答えることにより不安が少し和らいだようでした。

 

 健康教室のその他の記事はこちら

地域イベント活動

すずらん薬局では他に先駆けて様々な健康イベントへの参加、企画運営を行い、地域の方々への健康情報の発信に取り組んできました。地域 の皆様に調剤薬局の役割を知っていただくため、継続して様々な取り組みを行なっていきたいと考えています。

保健事業 健康型巡回教室

日時:2018年11月20日(火) 13:30~14:30

場所:安芸高田市甲田町 甲田文化センターミューズ

参加者:44名

 

◆内容◆

安芸高田市巡回型健康教室の4か所目を甲田町で行いました。

骨密度を測定すると低い方が多く

治療をされていない方も多くいらっしゃいました。

薬剤師から結果をご説明し病院への受診をおすすめさせていただきました。

 

また骨を強くするためカルシウムなどの食事についてのアドバイスを行い

おすすめのレシピも提案させていただきました。

参加された方からは「参加してみて良かった。

自分の生活を反省することができた。」

と感想をいただき健康に対する意識が高まったようでした。

 

 地域イベント活動のその他の記事はこちら

予防・重症化予防プログラム

安芸高田市糖尿病予防教室 第5回目

日時:2018年12月5日(水) 13:30~15:30

場所:安芸高田市民文化センター クリスタルアージョ

参加者:11名

 

◆内容◆

最初にこれまで予防教室に参加されて実際に頑張っていることを

2グループに分かれて1人ずつ発表していただきました。

「ヨガ、水泳、体操教室などできる運動を頑張っている。」

「果物が大好きだったけど食べ過ぎは良くないと聞いたから

半分にした。」「昼食の時間が遅くなることがあるけど

朝食や夕食で調整して食べ過ぎないようにしている」など

ご自身で考えて実行されている様子が伺えました。

参加者同士で意見を出し合うことにより

糖尿病予防に対するモチベーションに繋がっているように感じました。

 

運動の時間にはボールやゴムバンドを使い笑顔で楽しく

運動されていました。先生からは「体に負荷をかけすぎると

続かなくなる。1日5分~10分でもいいから毎日運動することが大切。

毎日の運動を習慣づけていきましょう」とアドバイスがありました。

 

 予防・重症化予防プログラムのその他の記事はこちら

コミュニティ活動アーカイブ

健康教室アーカイブ

地域イベント活動アーカイブ

『予防・重症化予防プログラム』アーカイブ

Copyright© 2014 Horon Inc. All Rights Reserved.