TOP > 食通信 > 食通信2006年11月号『テーマ:味覚障害』(No.121)

食通信2006年11月号『テーマ:味覚障害』(No.121)

2006.11.28

味覚障害
~おいしく食事ができていますか?~


実りの秋!食べ物のおいしい季節になりました。「おいしい」と感じる「味覚」は生きていく上で大切な感覚ですが、最近この「味覚」に異常を訴える人が増えています。この感覚に障害が起こると、食事がおいしいと思えないために食欲が落ちてしまい、その上「食事を味わう」という楽しみまでも半減してしまいます。
そこで、今回は「味覚障害」についてお話します。


■目 次■
・味覚障害とは?
・味覚と亜鉛
・味覚障害の原因は?
・味覚をみがくポイント


おすすめ一品料理
・牛肉の重ね焼き(エネルギー319kcal 塩分1.2g 亜鉛3.7mg)
・高野豆腐の炒めもの(エネルギー256kcal 塩分1.6g 亜鉛2.2mg)


薬剤師からのミニ情報
膀胱炎


膀胱炎とは尿道から大腸菌などの細菌が入って増殖し、膀胱の粘膜が炎症
を起こす病気です。体の構造の違いから、女性に圧倒的に多く見られます。
・主な症状
・検査と治療
・再発を防ぐために


Copyright© 2014 Horon Inc. All Rights Reserved.