TOP > 食通信 > 食通信2005年10月号『テーマ:胃潰瘍』(No.108)

食通信2005年10月号『テーマ:胃潰瘍』(No.108)

2005.10.28

今回のテーマは 胃潰瘍
~胃潰瘍から胃を守ろう~


胸やけや胃もたれといった症状は健康な人にもある症状です。しかし、それを軽く考えていると、実は「胃の病気であった」ということもあります。胃はストレスや、暴飲暴食などで障害が起こる臓器です。日頃からストレスをうまく解消し、食生活にも気をつけて胃を大切にしましょう。


■目 次■


・胃潰瘍とは?
・胃潰瘍の原因
・早期発見・早期治療
・日常生活で気をつけること
・食生活で気をつけること


おすすめ一品料理


・エビと白菜の牛乳雑炊(エネルギー 452kcal 塩分 1.2g)
・鶏肉のホイル焼き (エネルギー 133kcal 塩分 0.8g)
・にんじんポタージュ(エネルギー 86kcal 塩分 0.8g)
・甘鯛の野菜あんかけ(エネルギー 84kcal 塩分 0.9g)


薬剤師からのミニ情報


胃薬
胃は体の調子を計るバロメーターです。不摂生な食生活や、ストレスや過労などによっても胃の健康を乱す要因となります。もし胃の調子が急に悪くなったら、どんな胃薬を飲めばよいでしょうか?薬局で売られている胃薬のほとんどは、いくつかの成分が組み合わされた配合薬ですが、大きくは「成分の特徴を生かした胃薬」と成分の組み合わせが複合的な「総合胃腸薬」に分けることができます。主な種類には下記のものがあげられます。


Copyright© 2014 Horon Inc. All Rights Reserved.