TOP > 患者・地域の皆様へ > 腎臓病料理教室 報告

腎臓病料理教室 報告

2009.07.02

CIMG5483

『腎臓病の食事療法・特殊食品を使用した

 

多種多様な役立つ調理実習』

 

 

日時 2009年6月13日(土)

 

午前11時~午後15時30分

 

場所 広島県健康福祉センター

 

主催 広島臨床栄養研究会 (代表 福田悦子先生)

 

協賛 すずらん薬局グループ

 

 

■内容■

 

・でんぷん製品(米、麺、粉)を使った料理

 

・たんぱく調整食品を使った料理

 

・その他

 

・低たんぱく食の意義と厳しい低たんぱく食に移行した患者の透析

 

回避、進行抑制の症例紹介

 

 

 

今回は、でんぷん米・でんぷん麺・でんぷんホットケーキ

 

ミックスなどを中心に使って料理のポイントを説明しました。

 

その後、参加された方に麺を実際茹でたり、ホットケーキを焼いて頂きました。

 

「カレーライス」(ゆめごはん1/35・でんぷん薄力粉を使用)

 

「コールスローサラダ」

 

「二色ジュレ」(マクトンゼロパウダーを使用)

 

昼食は以上の3品と、一緒に実習した麺とホットケーキを1口づつ

 

ご試食頂きました。

 

昼食後は、福田先生の症例を示しながらの『低たんぱく食の有用性と効果』について講義がありました。

 

 

 

 

 

 

CIMG0244
Copyright© 2014 Horon Inc. All Rights Reserved.