TOP > すずらん薬局の取り組み > 患者のみなさまへ

患者のみなさまへ

2018.12.06

慶應義塾大学薬学部との共同研究ご協力のお願い

このたび、すずらん薬局グループでは、慶應義塾大学薬学部 病院薬学講座(望月眞弓 教授)と下記の共同研究を実施することになりました。
各店舗の店頭において、スタッフからアンケート調査へのご協力のお願いをさせていただく場合がございます。アンケートは10分ほどで終了します。
お手数ではございますが、みなさまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

研究課題名:
患者の自覚症状に基づく副作用確認システムの作動性に関するアンケート調査

概要:
慶應義塾大学薬学部 病院薬学講座が開発した「副作用確認システム」を患者さんに操作いただき、システムの使い心地についてアンケートにご回答いただきます。(アンケートは10分ほどで終了します。)
このシステムは、患者さんやご家族、介護を担当される方のご利用を想定して開発されており、自覚症状(ご自分が感じられている症状や体調の変化)とおくすりの情報から、副作用の可能性を確認することができます。

下記の慶應義塾大学薬学部のサイトから望月眞弓教授の研究テーマ「医薬品情報解析と臨床研究による薬物治療の評価に関する研究」をご参照ください。

Copyright© 2014 Horon Inc. All Rights Reserved.