TOP > 患者・地域の皆様へ > サロン報告『元気な体は食事から~認知症と食事の関係~』

サロン報告『元気な体は食事から~認知症と食事の関係~』

2019.03.05

IMG_1998

日時:2019年2月22日(金) 13:30~14:30

場所:丸子集会所

参加者:27名

 

◆内容◆

集会所で行われた介護予防教室の2回シリーズの1回目(栄養)として

認知症と食事に関する講義を行いました。

まず、認知症と物忘れの違いを説明しました。

「2025年に何人に1人が認知症になるといわれているか」というクイズでは

半数の方が「5人に1人」と正解され、身近な病気だと認識されている

ことが分かりました。

 

1日に食べる野菜の量は緑黄色野菜を両手1杯、淡色野菜が両手2杯

と説明すると「それは無理、多すぎる」という反応でした。

しかし実際にはほうれん草のお浸しを1皿食べると1日に必要な緑黄色野菜

の1/2程度になることを説明すると

「それくらいなら食べているね」と納得していただけました。

食卓のイメージがわきやすいように説明することで、

日常に取り入れていただきやすいのではないかと感じました。

 

IMG_1987
Copyright© 2014 Horon Inc. All Rights Reserved.